立ち行かないことばかりの人生に鬱屈とした想いが募っていく。
世界中のどこにも、本当の自分を理解してくれている人はいない。
終わりのない悪い夢のような、この日常から抜け出せたのなら、
どんなに素晴らしい景色が見られるのだろうか。
それぞれの孤独を抱いて6人は目を瞑った。